一般社団法人スポーツ・コンプライアンス教育振興機構

団体概要

スポーツ・コンプライアンス
教育振興機構設立の趣旨

スポーツは、一定のルールの下にフェアプレイ精神に則って行われ、選手らが勝利と成功に向かってひたむきに精進・努力するからこそ、社会的・教育的価値があります。そして、結果が出れば、お互いの健闘ぶりを讃え合うフェアプレイ精神と高潔な姿勢がある故に、人々はスポーツに魅了され拍手を送るのでしょう。
しかし、近年日本のスポーツ界では違法行為や一般社会のコンプライアンス違反とされるような事案がしばしば発生しており、フェアプレイ精神を守る、高潔性を守る、そしてスポーツそのものを守ることが困難になっていると言わざるを得ません。IOC(国際オリンピック委員会)の「オリンピック・アジェンダ2020オリンピック・ムーブメントの未来を形作る20+20の提言」には、「31.コンプライアンスの徹底」が明確に記載されています。「予防に勝る治療はない」とされるように、今こそ、スポーツの価値を高め、スポーツを守り育むために、教育体制を構築することにより、スポーツ界のコンプライアンスを徹底し、競技団体のガバナンスの一層の充実・強化を図ることが求められています。こうした背景や動向を踏まえ、2020年東京五輪・パラリンピックを見据えて、スポーツ行政の重要な課題であるコンプライアンスの強化と教育の充実を図り、より健全なスポーツの普及、振興に資するため、新たにスポーツ・コンプライアンス教育に関わる組織が発足したのです。

目的

スポーツ界のコンプライアンスの強化を図るため、
コンプライアンス教育の充実を図り、
より健全なスポーツの普及・振興に資する

基本理念

ルールとフェアプレイ精神を守り、
スポーツを愛する人々とスポーツの価値を守り育む

登記

平成29(2017)年4月12日
〒107−0052 東京都港区赤坂一丁目2番2号日本財団ビル3階
(公益財団法人笹川スポーツ財団内)
※本機構の事務所の住所とは異なります

事業・活動

  • 1教育・啓発事業
  • 2「スポーツ・コンプライアンス・オフィサー*」の育成事業 *登録商標
  • 3調査・研究事業
  • 4相談事業
  • 5評価・認証事業
  • 6普及事業
  • 7本機構の目的に合致した事業・活動

体制

理事
  • 代表理事 武藤 芳照(東京大学 名誉教授/東京健康リハビリテーション総合研究所所長)
  • 副代表理事 上柳 敏郎 (弁護士/東京駿河台法律事務所)
  • 理事・事務局長 櫻井 康史 (弁護士/晴海パートナーズ法律事務所
  • 業務執行理事 増島みどり (株式会社The STADIUM 取締役、スポーツライター)
  • 理事 有森 裕子 (公益財団法人 スペシャルオリンピックス日本 理事長)
  • 理事 泉 正文  (公益財団法人 日本スポーツ協会 副会長兼専務理事)
  • 理事 工藤 保子 (大東文化大学 スポーツ・健康科学部 准教授)
  • 理事 鈴木 徹  (SMBC日興証券株式会社、パラ陸上競技選手(走高跳))
  • 理事 高橋 秀文 (公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会 常務理事)
  • 理事 東明 有美 (関東学園大学 経済学部経済学科 准教授、元女子サッカー日本代表)
  • 理事 中森 邦男 (日本パラリンピック委員会 委員長補佐)
  • 理事 平岡 英介 (公益財団法人 日本オリンピック委員会 副会長兼専務理事)
  • 理事 間野 義之 (早稲田大学 スポーツ科学学術院 教授)
  • 理事 吉田真由美 (株式会社ノーザン・ホース・パーク 顧問)
監事
  • 櫻井 誠一 (一般社団法人 日本身体障がい者水泳連盟常務理事)
  • 望月 浩一郎 (弁護士/虎ノ門協同法律事務所)
事務所
〒105-0001東京都港区虎ノ門1-21-19東急 虎ノ門ビル3F
Tel : 03-5521-2205 / Fax : 03-3581-2210

ロゴマーク

SPORTS COMPLIANCE

「手と手、5本の指と5本の指とで握手し合う姿」
「ルールとフェアプレイ精神を守ることが真のスポーツの勝利
(Victory)に結びつくこと」
「競争し合う一方、共に生き共に栄えること」 を表現している。
*登録商標  ロゴマーク及び「SPORTS COMPLIANCE」、「スポーツ・コンプライアンス・オフィサー」は、一般社団法人スポーツコンプライアンス教育振興機構の登録商標です。

デザイン:PAOS

pagetop